法学部の進路のひとつが、弁護士

弁護士は最難関の試験難易度

法学部に在籍していると、弁護士を目指しているかのように解釈されることがあるようですが、その場合がありつつ全員が目指しているわけではありません。

 

法学系の出題がなされる資格には、宅地建物取引主任者、行政書士、司法書士があります。

 

また、公務員試験のときにも出題されるし、税理士にも関係するとされています。

 

その中で弁護士は最難関の試験難易度で、取得が難しいとされてきました。

 

以前から、弁護士はなりにくい、と言われています。

 

それに高額所得者の代名詞のように言われてきて、弁護士になれば、裕福になれるとされてきています。

 

ところが、なかなか取得しづらい試験で、学費がかかってしまって親元が裕福でなければ十分な試験勉強ができないとか、受験資格を得るために学校に行かなくてはいけないとか、条件が伴います。

 

これらを自分の力だけで、せっせと日夜働きづくめで学費を稼ぎ、独学で取得するということはほぼ不可能です。

 

おおよそ難易度の高い試験は、経済面で十分な資力を要するため、親の経済力によるものと思って諦めた経験があるのではないでしょうか。

 

そういった試験のひとつであるから、一般家庭に育ったらおおよそ諦めるほうがよさそうです。

 

1週間だけお金借りる方法ならキャッシング